コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先端放電 センタンホウデン

3件 の用語解説(先端放電の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんたん‐ほうでん〔‐ハウデン〕【先端放電】

とがった導体表面から出るコロナ放電。まわりの電界がその部分に集中するために生じる。セントエルモの火はこの現象。避雷針に利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんたんほうでん【先端放電】

とがった導体表面から行われる放電のこと。この部分が、電荷密度が大きく電場が集中するために生ずる。セント-エルモの火はこの例。避雷針はこの現象を利用したもの。 → コロナ放電

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先端放電
せんたんほうでん
point discharge

地表面に樹木や避雷針などの突起した物体があると、周りの電力線がその先端に集中するため、大気と大地の間を流れる電流もそこに集中する。これを先端放電という。雷雲の接近につれて電場の強さが増し一定の限界を超えると、先端付近で空気の絶縁が部分的に破壊されて先端放電電流は急速に増大し、ついには発光を伴ったコロナ放電となる。セント・エルモの火とよばれるものも、先端放電による現象である。[三崎方郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先端放電の関連キーワードコロナ放電無声放電嵩から出る側芽面から火が出るクラークの体表面積法則クーロンの定理体表面積の法則コロナ障害多導体方式

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone