コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光化学電池 ひかりかがくでんちphotochemical cell

2件 の用語解説(光化学電池の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりかがくでんち【光化学電池 photochemical cell】

光化学反応を利用した電池。1839年A.E.ベクレルは,ある種の電解質溶液に2電極を入れ,一方の電極に光をあてると両極間に電位差を生ずることを発見した。これは光の吸収によって溶液内で酸化,還元反応が起こるためで,2電極を陰陽両極とする電池を光化学電池という。フェロシアン化バリウムヨウ化銀の溶液でみられ,太陽光エネルギーから電気エネルギーへの転換などに利用。【福本 俊彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうかがく‐でんち〔クワウクワガク‐〕【光化学電池】

光化学反応を利用した電池の総称。溶液中の電極に光を照射したり、溶液が光を吸収して化学変化を起こしたりして生じる起電力を利用する。いずれもシリコン太陽電池に比べて、エネルギー変換効率は高くない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

光化学電池の関連キーワードタンジマート新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧幻想文学アヘン戦争岡研介神田祭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone