コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光南台 こうなんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光南台
こうなんだい

岡山県南部,岡山・玉野両市にまたがる児島半島東部の丘陵地。児島半島の主峰金甲山 (403m) から東へ東光寺山,貝殻山,八丈岩山にいたる区間で,北の児島湾児島湖ならびに干拓地,南の備讃瀬戸,東の播磨灘が望まれる。貝殻山には古代の城址と思われる遺構など多くの遺跡がある。登山口付近に金甲山温泉がある。付近は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光南台
こうなんだい

岡山県南部、児島(こじま)半島の東部をほぼ東西に走る山塊。瀬戸内海国立公園に含まれ、怒塚(いかつか)山、主峰の金甲山(きんこうざん)、東光寺山、三頂(さんちょう)山、貝殻(かいがら)山、八丈岩山が並ぶ。金甲山から児島半島東端まではドライブウェーがある。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光南台の関連キーワード岡山(市)南区

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光南台の関連情報