コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光南台 こうなんだい

2件 の用語解説(光南台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光南台
こうなんだい

岡山県南部,岡山・玉野両市にまたがる児島半島東部の丘陵地。児島半島の主峰金甲山 (403m) から東へ東光寺山,貝殻山,八丈岩山にいたる区間で,北の児島湾児島湖ならびに干拓地,南の備讃瀬戸,東の播磨灘が望まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光南台
こうなんだい

岡山県南部、児島(こじま)半島の東部をほぼ東西に走る山塊。瀬戸内海国立公園に含まれ、怒塚(いかつか)山、主峰の金甲山(きんこうざん)、東光寺山、三頂(さんちょう)山、貝殻(かいがら)山、八丈岩山が並ぶ。金甲山から児島半島東端まではドライブウェーがある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光南台の関連キーワード玉野岡山県玉野市宇野岡山県玉野市北方岡山県玉野市渋川岡山県玉野市田井岡山県玉野市滝岡山県玉野市玉岡山県玉野市沼岡山県玉野市山田岡山県玉野市和田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光南台の関連情報