コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島湾 こじまわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児島湾
こじまわん

岡山県部,児島半島の東部にある。近世初期は面積約 120km2であったが,現在では大部分が干拓され,残りの水域も西部は淡水化して児島湖となっている。江戸時代岡山の池田藩によって干拓工事が進められ,明治初年には 70km2に縮小した。明治以後,大阪の藤田組によって干拓が進められ,藤田村が形成された。なお第2次世界大戦後は国営により干拓が進められた。干拓地は機械を早くから取入れた先進農業地として知られている。旧児島湾沿岸には妹尾 (せのお) ,八浜 (はちはま) などの漁村が発達していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こじま‐わん【児島湾】

岡山県南部の湾。江戸時代から干拓が行われ、西部は昭和34年(1959)堤防で締め切られて児島湖となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こじまわん【児島湾】

岡山県南部,児島半島北側の湾。古くは島であった児島半島と本土との間は,多数の島が散在し吉備の穴海(あなうみ)と呼ばれ,ここが瀬戸内海航路の主要ルートであった。高梁(たかはし)川,笹ヶ瀬川,旭川吉井川堆積作用で近世初頭には児島が陸繫され,西側は阿知潟,東側は児島湾となった。湾は北岸から干拓が進められたが,大規模なものとして17世紀の沖新田,19世紀の興除新田,明治期の藤田組による藤田開墾(藤田農場),第2次大戦後の六区および七区がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こじまわん【児島湾】

児島半島に抱かれた内湾。近世以降干拓が行われ、大部分が陸地化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕児島湾(こじまわん)


岡山県南部、児島半島に抱かれた湾。古代には「吉備(きび)の穴海(あなうみ)」とよばれた広大な浅海。児島半島もかつては島で水道が東西に通じていたが、高梁(たかはし)川・旭(あさひ)川などの沖積作用で海域が縮小。さらに戦国期以降に湾奥部で干拓が進展して西口の藤戸(ふじと)の瀬戸が塞がって陸化、近世前期に東岸から北岸の干潟が干拓され、明治期以降も湾奥部で大規模干拓が進められ、東口の狭い岡山水道で播磨灘(はりまなだ)に通じるだけの閉鎖性の強い内湾となった。1962年(昭和37)湾奥部の締め切り堤防の完工により児島湖(児島湾淡水湖)が造成され、現在は旭川・吉井(よしい)川河口付近に狭い水域を残すのみとなった。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の児島湾の言及

【干拓】より

…前者は従来日本で多くとられた方式で,後者はオランダにおいて一般に行われている。日本で第2次大戦後行われた児島湾の干拓や八郎潟干拓は後者の形式をとった。【多田 敦】
[適地条件]
 海面干拓では,(1)河川の堆積作用が大きくて干潟が拡大すること,(2)海底が平たんで,みお筋(干潟内の流水路)が少なくないこと,(3)潮汐の干満の差が大きくて干拓地の排水がよいこと,(4)築堤費が造成費の約1/2をしめるから,堤長に比して造成地が広くできること,(5)築堤する地盤の地耐力が強く,堤防が沈下しないこと,(6)外洋からの風波,潮流が堤防,樋門(ひもん)などに悪影響をあたえないこと,(7)干拓地の灌漑,除塩のために用水が豊富であること,(8)工事用資材とくに石材,築堤用土が多量,安価に得られること,(9)干拓地の造成によって,漁業,用水,排水などの既得権益への補償が小さいこと,などがあげられる。…

※「児島湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

児島湾の関連キーワード岡山県岡山市南区藤田アゲマキガイ(蟶貝)岡山県岡山市南区岡山県岡山市中区岡山県岡山市児島湾干拓地児島湾淡水湖玉野[市]三善 清之灘崎[町]宇喜多秀家生本伝九郎早島[町]中川横太郎上東遺跡平松誠一岡山平野東[区]播磨灘早島町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android