コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学レンズ こうがくレンズoptical lens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光学レンズ
こうがくレンズ
optical lens

光学ガラスでつくられる,カメラ,テレビカメラ,顕微鏡望遠鏡などのレンズ屈折率,分散率の異なる光学ガラスの組み合わせと,球面曲率の違うレンズの組み合わせで構成される。写真レンズの構成には,前後に同じ組み合わせのレンズ群を配した対称型と,別個の組み合わせを置く非対称型がある。いずれも色収差および球面収差コマ収差非点収差,像面湾曲(→像面の曲り),歪曲収差(→像のゆがみ)などのレンズ固有の欠点を除いて画像の鮮明化をはかるのが目的である。レンズの種類に,画角約 50°の標準レンズから 180°の超広角魚眼レンズ焦点距離 100mm以上の望遠レンズ口径比 F0.95の大口径レンズなどがある。特殊なものに,構成レンズの相互間隔を移動して焦点距離を変え,焦点を結ばせたまま画角をある範囲内で連続的に変えられるズームレンズ,またシネマスコープ用のアナモフィックレンズ,大口径用の陣笠型などの非球面レンズがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光学レンズの関連情報