コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉順蔵 こだまじゅんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児玉順蔵
こだまじゅんぞう

[生]文化3(1806)
[没]文久1(1861)
江戸時代末期の蘭方医。号は在中備前の人で P.シーボルトの弟子。岡山藩の老臣伊木長門の侍医。一時,筑前の武谷元立方に寄宿し,同地蘭学を教えた。コンラジの内科書の翻訳『公氏医宗玉海』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉順蔵 こだま-じゅんぞう

1805-1861 江戸時代後期の医師。
文化2年生まれ。備前岡山の人。長崎でシーボルトにまなび,備中(びっちゅう)矢田村(岡山県真備(まび)町)で開業。のち帰郷し岡山藩家老の侍医となる。晩年は大坂にうつり,緒方洪庵(こうあん)と親交をもった。文久元年9月2日死去。57歳。号は在中。訳書に「玉海擥要(らんよう)」「公氏病学淵源(えんげん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児玉順蔵の関連キーワード松岡隣

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android