コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五智 ごちpañca jñānāni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五智
ごち
pañca jñānāni

密教で大日如来の智を5種に分けて説いたもの。 (1) 究極的実在それ自身である智 (法界体性智) ,(2) 鏡のようにあらゆる姿を照し出す智 (→大円鏡智 ) ,(3) 自他の平等を体現する智 (→平等性智 ) ,(4) あらゆるあり方を沈思熟慮する智 (妙観察智) ,(5) なすべきことをなしとげる智 (→成所作智 ) の5つ。これらは唯識説系統の経論にも説かれるが,その場合は五法 pañca dharmaと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐ち【五×智】

仏語。大日如来に備わる5種の智慧。密教で、大日の智の総体の法界体性(ほっかいたいしょう)智と、大円鏡智・平等性智・妙観察智・成所作(じょうしょさ)智の四智。また、浄土教では仏智・不思議智・不可称智・大乗広智・無等無倫最上勝智の五つを阿弥陀仏の智とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごち【五智】

密教で、大日如来のもつ智を五つに分けたもの。大円鏡智・平等性智びようどうしようち・妙観察智みようかんざつち・成所作智じようしよさちの「四智しち」に、四智の根本である法界体性智ほつかいたいしようちを加えたもの。 → 五智如来
能楽で、舞の五種の技。手智・舞智・相曲智・手体智・舞台智。 「舞に-あり/花鏡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五智の関連キーワード新潟県上越市五智兜巾・頭巾・頭襟不空成就如来日向国分寺跡五智の宝冠虚空蔵菩薩実海(1)西新井大師宝生如来伝法灌頂五仏宝冠授戒灌頂松久宗琳五智五仏五智円満五智如来安祥寺阿閦仏念仏寺宝生仏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五智の関連情報