手に入れる(読み)てにいれる

精選版 日本国語大辞典「手に入れる」の解説

て【手】 に 入(い)れる

自分のものにする。
※勝山記‐天文九年(1540)「去れともさくのかをりと申候を御手に入れ候」
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉九「赤シャツが、うらなりを遠けて、マドンナを手に入れる策略なんだらう」
② 相手を自分の思い通りにする。また、相手を籠絡する。
浮世草子・好色一代女(1686)四「彼着をとりて着するを、はや女手に入(いれ)て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android