手にする(読み)てにする

精選版 日本国語大辞典「手にする」の解説

て【手】 に する

① 何かある行為をするために、自分ので持つ。じかに手に取る。
※風流魔(1898)〈幸田露伴〉七「おのれが職業をも等閑に付してまた顧みざるに至り、鎚を手にせんとも鏨(たがね)を手にせんともせず」
② 受け取る。落手する。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「前触も何もなく突然斯ういふものを手にしたといふことは」
③ 手段にする。口実にする。
洒落本通言総籬(1787)二「いささかな事を手にしてねるつもり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android