コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全日農 ゼンニチノウ

デジタル大辞泉の解説

ぜんにち‐のう【全日農】

《「全日本農民組合」の略称》昭和2年(1927)日本農民組合の分裂で除名された中間派によって結成された組合組織。
《「全日本農民組合連合会」の略称》日本農民組合が分裂してできた全農日農統一派などの各派を昭和33年(1958)に再組織した農民組合の全国組織。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんにちのう【全日農】

全日本農民組合の略称
[第1期]
 日本農民党系の中間派農民組合の全国組織。1926年労働農民党が分裂して日本労農党が結成されると,日本農民組合は左派と中間派が対立して第2次分裂を招き,翌27年3月,中間派は全日本農民組合(会長杉山元治郎)を結成した。群馬,山形,大阪,兵庫などが拠点であり,秋田県小坂町,新潟県王寺川村王番田などの下部組織は強力で,激しい小作争議を展開した。28年5月には日農と再統一,全国農民組合(全農)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全日農
ぜんにちのう

全日本農民組合連合会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全日農
ぜんにちのう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

全日農の関連キーワード島口 重次郎小島 小一郎杉山 元治郎古屋 貞雄川俣 清音安藤 国松板野 勝次杉山元治郎日本労農党行政 長蔵井谷 正吉実川 清之河合 義一八百板 正渡部 行雄小原 慶次石田 宥全矢後 嘉蔵松沢 俊昭東海林 稔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android