全日本農民組合(読み)ぜんにほんのうみんくみあい

大辞林 第三版の解説

ぜんにほんのうみんくみあい【全日本農民組合】

1927年(昭和2)日本農民組合の分裂により生まれた、日本労農党支持の農民組合中央組織。
1928年(昭和3)結成された右派の農民組合。
1947年(昭和22)に結成された日本自由党支持の農民団体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全日本農民組合
ぜんにほんのうみんくみあい

全日農と略称する。
(1)1927年(昭和2)2月の日本農民組合(日農)の第二次分裂により、杉山元治郎(もとじろう)、須永好(こう)、三宅(みやけ)正一、浅沼稲次郎らによって同年3月に結成された。しかし、28年5月、日農とふたたび「左翼合同」し、全国農民組合(全農)となった。
(2)日農と全日農の「左翼合同」がなったあと、日農の最右翼である平野力三(りきぞう)らの日農刷新同盟を中心に、中部農民組合(のち不参加を決定)、蒲原(かんばら)農民組合、庄内(しょうない)耕作者連盟、香川県農民組合などの参加を得て、1928年7月に結成された。反共主義、反ファシズム、反資本主義のいわゆる三反主義を主張し、農民組合は、地主などとの闘争よりも、現時点では都市資本の収奪との闘争を中心にすべきだとした。このようにして農民の日常闘争はそらされ、肥料の値下げなどをおもな活動とした。31年1月、社会民衆党系の日本農民組合総同盟と合同し、日本農民組合に発展した。
(3)第二次世界大戦後の1947年(昭和22)8月に結成された日本自由党系の農民組合。地主、自作、小作農らの階級協調と一体性をスローガンに、階級闘争を排し健全農村の建設を主張したが、組織力はほとんどなく、自然消滅した。[似田貝香門]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全日本農民組合の言及

【全日農】より

…全日本農民組合の略称。
[第1期]
 日本農民党系の中間派農民組合の全国組織。…

※「全日本農民組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android