コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封神演義 ほうしんえんぎFeng-shen yan-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封神演義
ほうしんえんぎ
Feng-shen yan-yi

中国,明代に成立した長編小説。陸西星 (1520~1605?) ,あるいは許仲琳の作と伝えられるがはっきりしない。 100回。『全相平話』のなかの『武王伐紂書』をもととして,殷,周交代に関する伝承に,明代後半に起った三教合一思想,民間の説話,俗信を盛込んでまとめたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

封神演義
ほうしんえんぎ

中国、明(みん)代の長編小説。万暦(1573~1619)なかばの成立と考えられる。『封神伝』『封神榜(ぼう)』ともよぶ。100回。作者陸西星(りくせいせい)(1520―1604以降)は字(あざな)を長庚(ちょうこう)といい、道教丹道派東派の開祖で潜虚真人と号し、『方壺(ほうこ)外史』『南華副墨』『楞厳経述旨(りょうごんきょうじゅつし)』などの著述がある。妲己(だっき)に惑わされ無道な行いを続ける紂(ちゅう)王と、姜子牙(きょうしが)(太公)を軍師とした文王・武王の争いに、仙界の二大派閥、闡(せん)教と截(せつ)教が参加し、子牙により戦死した多数の仙人が神に封ぜられることをもって終わる。殷(いん)周交代にかかわる伝承をもとに、明代後期の三教合一思想や民間の説話・俗信を交え、西星が自己の思想をもって統一したもの。先行する作品には『武王伐紂平話(へいわ)』がある。[大塚秀高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

封神演義の関連キーワードナージャとりゅうおう梅田未央殷周伝説妲己