コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平話 へいわPing-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平話
へいわ
Ping-hua

中国の歴史説話。宋,元代に都市の盛り場で流行した講談のテキストを話本 (わほん) と呼び,平話はときにはこれと同義に用いられることもあるが,一般には特にその講談のなかの歴史物,いわゆる講史のテキスト (講史書 ) をさす。平話とは「評話」の意で,講釈師が口演の際,評話をところどころはさんだところからこの名がある。歴史講談は何回も読み継がれることが多いので,平話も長編が多く,素朴ななかに史上の諸人物に対する庶民の評価,愛憎がこめられている。現存する最古の平話である元の至治年間の『全相平話』五種のうち,『三国志平話』が羅貫中の『三国志演義』に,『武王伐紂書』が隆西星の『封神 (ほうしん) 演義』に発展するなど,後世の歴史小説に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へい‐わ【平話】

ふだんの言葉。普通の話。「俗談平話
平話本」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいわ【平話】

普通の話。日常の語。 「俗談-」 「俳諧は-を用ゆ/三冊子」
中国、宋代に興った、口語体の通俗歴史小説。話本。「三国志演義」「水滸伝」などはこれらの話本を整理拡大して完成された。 〔もと「評話」だが、元代に画かくを省いて平話と称した〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平話
へいわ

中国、宋(そう)・元(げん)時代の盛り場での語り物は4種に分類され、その1種を講史といい、そのテキストを平話という。現存するのは『五代史平話』「全相平話五種」(『武王伐紂(ばっちゅう)』『楽毅(がくき)図斉七国春秋後集』『秦(しん)併六国』『前漢書(ぜんかんじょ)続集』『三国志』)である。「全相」というのは絵入りのことであり、上図下文となっていて読本(よみほん)への展開を示している。「平」は評の意味で、演者の評論が挿入されているからだという。後世の「評話」は平話の発展とみなされており、清(しん)の乾隆(けんりゅう)(1736~95)以後は方言で語られ、地方的色彩をもつようになった。代表的なものに揚州(ようしゅう)評話、蘇州(そしゅう)評話、四川(しせん)評書、湖北評書などがあり、歴史物語、武侠(ぶきょう)小説の長編が多い。[尾上兼英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平話の言及

【講史】より

…中国の北宋(960‐1127)の首都汴京(べんけい)(開封),南宋(1127‐1276)の首都臨安(杭州)などの都市の盛り場には常設の演芸場があったが,そこで語られた講談のうち,人情噺などを主とする短編を小説といったのに対し,長編の史談を講史と呼んだ。また講史の筆録を評話,あるいは平話といい,現在《三国志平話》《五代史平話》などの作品が伝わっている。これらは後に明代になって《三国演義》などの長編小説へと発展してゆく。…

【説話】より

…説経,または談経,唐代の俗講に由来するもので,〈仏書の演説〉を内容とし,これにはさらに禅問答のまね事である〈説参請〉,滑稽を主とする〈説諢経(せつこんきよう)〉が含まれる。講史書は,三国史,五代史などの長編の歴史物語で,その筆録をとくに〈平話〉といった。現存するものとして《五代史平話》《宣和遺事》《三国志平話》などがあり,のちの《三国志演義》などの長編小説へと発展していく。…

※「平話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平話の関連キーワードジョゼフ・ラドヤード キップリング『三国志演義』の登場人物『三国志演義』キップリング『水滸伝』鈴木田正雄ハズリット三国演義岩田涼菟宣和遺事演義小説各務支考俗談平話白話小説雲萍雑誌中川乙由封神演義塩谷 温読売新聞伊勢派