コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全身の病気と内耳の障害 ぜんしんのびょうきとないじのしょうがい

家庭医学館の解説

ぜんしんのびょうきとないじのしょうがい【全身の病気と内耳の障害】

 内耳には、聴覚(ちょうかく)や平衡感覚(へいこうかんかく)をつかさどる感覚細胞(かんかくさいぼう)があって、これを養うために多量の血液が流れてきています。
 とくに、聴覚をつかさどる蝸牛(かぎゅう)には、腎臓(じんぞう)と同じような構造をした血管が集合し、多量の血液が流れてきています。
 もし、内耳へ流れてくる血液量が減少したり、内耳の血管に障害がおこったりすると、内耳全体が影響を受けます。
 高血圧、糖尿病、動脈硬化(どうみゃくこうか)などの成人病は、全身の血管系を障害しますが、その一環として、内耳の血管も障害を受けます。しかし、これらによる血管障害は、ゆっくりと進行するために内耳の障害も緩慢に進行し、気づかれることはほとんどありません。
 また、蝸牛の血管系は腎臓の血管の構造と似ているため、腎臓病も内耳に影響します。とくに遺伝性の腎臓病には内耳性難聴(ないじせいなんちょう)が高率に合併します。
 そのほか、インフルエンザ、おたふくかぜ、はしかなどのウイルスによる全身の病気も、内耳に障害をおこすことがあります。また、梅毒(ばいどく)による内耳障害は、メニエール病のように発作(ほっさ)をくり返しながら難聴が進行していきます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android