コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全身の病気と内耳の障害 ぜんしんのびょうきとないじのしょうがい

1件 の用語解説(全身の病気と内耳の障害の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぜんしんのびょうきとないじのしょうがい【全身の病気と内耳の障害】

 内耳には、聴覚(ちょうかく)や平衡感覚(へいこうかんかく)をつかさどる感覚細胞(かんかくさいぼう)があって、これを養うために多量の血液が流れてきています。
 とくに、聴覚をつかさどる蝸牛(かぎゅう)には、腎臓(じんぞう)と同じような構造をした血管が集合し、多量の血液が流れてきています。
 もし、内耳へ流れてくる血液量が減少したり、内耳の血管に障害がおこったりすると、内耳全体が影響を受けます。
 高血圧、糖尿病、動脈硬化(どうみゃくこうか)などの成人病は、全身の血管系を障害しますが、その一環として、内耳の血管も障害を受けます。しかし、これらによる血管障害は、ゆっくりと進行するために内耳の障害も緩慢に進行し、気づかれることはほとんどありません。
 また、蝸牛の血管系は腎臓の血管の構造と似ているため、腎臓病も内耳に影響します。とくに遺伝性の腎臓病には内耳性難聴(ないじせいなんちょう)が高率に合併します。
 そのほか、インフルエンザ、おたふくかぜ、はしかなどのウイルスによる全身の病気も、内耳に障害をおこすことがあります。また、梅毒(ばいどく)による内耳障害は、メニエール病のように発作(ほっさ)をくり返しながら難聴が進行していきます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

全身の病気と内耳の障害の関連キーワード感覚遮断聴覚聴神経内耳神経平衡感覚視聴覚平衡器官メニエール病聴覚器官聴覚補助具

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone