八宗兼学(読み)ハッシュウケンガク

デジタル大辞泉の解説

はっしゅう‐けんがく【八宗兼学】

八宗の教義をすべて兼ね修めること。
物事に広く通じていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっしゅうけんがく【八宗兼学】

広く八宗の教義を学ぶこと。特に東大寺で華厳を宗として他の諸宗をも併せて修すること。
広く物事に通じること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八宗兼学
はっしゅうけんがく

仏教の八宗の学問を兼ね修めること。八宗とは、南都六宗、すなわち倶舎(くしゃ)宗、成実(じょうじつ)宗、律(りつ)宗、法相(ほっそう)宗、三論(さんろん)宗、華厳(けごん)宗に、平安時代に成立した天台・真言(しんごん)両宗を加える。実践的な一向専修(いっこうせんじゅ)の立場に対し、広く諸宗の教学に通暁することが、日本の学僧たちの一つの理想であった。とくに南都東大寺は古くから諸宗兼学の道場として知られ、鎌倉時代に『八宗綱要』などを著した凝然(ぎょうねん)は、その精神をもっともよく体現した学者として知られる。[末木文美士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はっしゅう‐けんがく【八宗兼学】

〘名〙
① 仏語。八宗の教義を、すべて兼ね修めること。古く、奈良東大寺がその道場であり、僧侶たちは、華厳(けごんしゅう)・三論宗と合わせて諸宗を学んでいた。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)供養篇本「八宗兼学之仏法不陵夷
② 広く物事に通じていること。
※浮世草子・好色二代男(1684)一「八宗見学(ハッシウケンガク)、女色一遍上人の進めに、女良買は抑より、太夫にかかるがよし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八宗兼学の言及

【八宗】より

…奈良時代には〈宗〉は〈衆〉とも書き,学派を意味し,一つの寺に複数の宗が存在したが,平安時代からは一寺一宗となる傾向がつよく,しだいに教派教団の意味をもちだした。禅・浄土を加えて九宗・十宗といい,また広く各宗の教学を研鑽することを八宗兼学という。【中井 真孝】。…

※「八宗兼学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android