八幡一郎(読み)やわたいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡一郎
やわたいちろう

[生]1902.4.14. 長野,岡谷
[没]1987.10.26. 東京
考古学者。 1924年東京大学人類学科卒業。考古学と民族学の境界の学際的な領域に独自の学風を築いた。研究分野はきわめて幅広く,日本の先史時代を中心に,アジアオセアニアなどの先史文化の解明に大きな業績を残している。日本国内はもとよりアジアの各地を調査し,多くの重要な発見をした。東京教育大学教授,上智大学教授などを歴任。多くの研究者を養成し,日本考古学協会委員長を8年間つとめ,考古学の発展に大いに貢献した。『八幡一郎著作集』 (6巻,1979~80) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八幡一郎 やわた-いちろう

1902-1987 昭和時代の考古学者。
明治35年4月14日生まれ。東京国立博物館考古課長,東京教育大教授,上智大教授をつとめ,この間昭和36年から44年まで日本考古学協会委員長。長野県の考古学研究,登呂(とろ)遺跡発掘などを指導した。昭和62年10月26日死去。85歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「稲倉考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android