公営住宅法(読み)こうえいじゅうたくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公営住宅法
こうえいじゅうたくほう

昭和 26年法律 193号。地方公共団体が国の補助を受けて建設し,住民に賃貸する公営住宅の建設,管理,建替えなどに関する法律。国と地方公共団体が協力して,健康で文化的な生活に相応する住宅を建設し,住宅に困窮する低額所得者に低廉な家賃で賃貸することにより国民生活の安定と社会福祉の増進をはかることを目的とする。必要があると認めるとき,国は地方公共団体に財政,金融,技術上の援助を,都道府県は市町村に財政,技術上の援助を与えるよう義務づけている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公営住宅法の関連情報