公平無私(読み)コウヘイムシ

デジタル大辞泉の解説

こうへい‐むし【公平無私】

[名・形動]公平で、私的な感情や利益を交えないこと。また、そのさま。「公平無私な(の)態度で臨む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうへいむし【公平無私】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
公平で私心をまじえない・こと(さま)。 「 -な取り扱い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうへい‐むし【公平無私】

〘名〙 (形動) 公平で自分の個人的な感情や利益をからませないこと。また、そのさま。
家伝(760頃)下「遷中判事、公莅官聴事、公平无私」
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一四「己はあらゆる価値をも認めない。いかなる癖好も有せない。公平無私である」 〔韓詩外伝‐七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android