公平無私(読み)こうへいむし

四字熟語を知る辞典「公平無私」の解説

公平無私

公平で自分の個人的な感情や利益をからませないこと。また、その様子。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] 羽山組から公平無私助役の堺英吉が行くことになれば、現地に行ってからの心配が少ない[火野葦平*魔の|1957]

[使用例] 老師は公平無私だった。しかしそれは私がもし老師であったら、そのように公平無私でありうるだろうと、容易に想像のつくような公平さであった[三島由紀夫金閣寺|1956]

[解説] 「無私」は私心がないこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「公平無私」の解説

こうへい‐むし【公平無私】

〘名〙 (形動) 公平で自分の個人的な感情や利益をからませないこと。また、そのさま。
※家伝(760頃)下「遷中判事、公莅官聴事、公平无私」
灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一四「己はあらゆる価値をも認めない。いかなる癖好も有せない。公平無私である」 〔韓詩外伝‐七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「公平無私」の解説

こうへい‐むし【公平無私】

[名・形動]公平で、私的な感情や利益を交えないこと。また、そのさま。「公平無私な(の)態度で臨む」
[類語]公正公平平等

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android