コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公立高等学校の適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律 こうりつこうとうがっこうのてきせいはいちおよびきょうしょくいんていすうのひょうじゅんとうにかんするほうりつ

1件 の用語解説(公立高等学校の適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公立高等学校の適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律
こうりつこうとうがっこうのてきせいはいちおよびきょうしょくいんていすうのひょうじゅんとうにかんするほうりつ

昭和 36年法律 188号。公立の高等学校中等教育学校の後期過程,および特別支援学校の高等部の学級編制の適正化および教職員定数の確保をはかることを目的として制定された法律。公立高等学校については適正な配置および規模についても定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公立高等学校の適正配置及び教職員定数の標準等に関する法律の関連キーワード高等普通教育工業高等学校高等学校農業高等学校進学校新制高等学校高校標準法第一高等学校三田尻高等女学校テイフ(TAFE)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone