コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六和塔 ろくわとう

2件 の用語解説(六和塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ろくわとう【六和塔】

中国の浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)(ハンチョウ)にある、国宝に指定された塔。970年、銭塘江(せんとうこう)の高潮を鎮め、灯台の役割を果たすために建てられた。外見は13層だが内部は7層構造で、螺旋(らせん)階段で最上階まで登ることができる。そこから眼下に銭塘江の雄大な流れを一望できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りくわとう【六和塔 Liù hé tǎ】

中国,浙江省杭州市の銭塘江の河畔,月輪山の上に立つ塔。北宋時代,971年(開宝4)に創建され,当時は9層で,塔頂の点灯が夜間の行船の指南となったと伝えられる。その後焼失し,南宋になって,1153年(紹興23)に7層塔が再建された。現在の塔は平面八角形,外観は13重,内部は7層で,全高59.89m。塼(せん)造の塔身部は南宋再建時の遺構で八角形の周壁の中央に長方形の小室があり,外周の木造部分は清代の1900年(光緒26)の再建にかかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六和塔の関連キーワード澄一道亮西湖銭塘江良渚鎮遺跡建徳杭州杭州湾浙江金華浙江[省]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone