コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同アンテナ キョウドウアンテナ

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうアンテナ【共同アンテナ】

多数の視聴者が受信に必要なアンテナや増幅器同軸ケーブルなどを共同で用いながらテレビ放送を受信する形態がテレビ共同受信であるが,これに用いられる設備全体を共同アンテナと呼んでいる。山,高層ビルの影響で難視聴となった地域や一つのビル全体のテレビ共同受信を可能にする設備のことである。さらに規模が大きく,放送電波の再送信以外に自主的なプログラムのサービスなどをも含めて行うものが有線テレビとかCATV(cable television)などと呼ばれるものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共同アンテナ
きょうどうあんてな
common antenna

電波が十分届かない山間地、高層ビル間などの難視聴地域で、同一アンテナを共用した多数のテレビ受像機が自由に選局できるようにした受信アンテナシステム。良好な電波を受信できる位置にアンテナを設置し、その受信信号をチャネルごとに増幅器で一定レベルに調整・増幅して、幹線ケーブルに送る。幹線ケーブルには線路による損失を補償する増幅器と、各受像機に分配するための分岐器が設けられている。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

共同アンテナの関連キーワード共同アンテナテレビケーブルテレビ辺地共聴施設複数

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android