コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同アンテナ キョウドウアンテナ

3件 の用語解説(共同アンテナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうどう‐アンテナ【共同アンテナ】

複数の視聴者が共同で使用するテレビアンテナ。ビルや集合住宅に設置されるほか、山間部やビル陰などの難視聴地域で電波を受信するためにも使用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうアンテナ【共同アンテナ】

多数の視聴者が受信に必要なアンテナや増幅器同軸ケーブルなどを共同で用いながらテレビ放送を受信する形態がテレビ共同受信であるが,これに用いられる設備全体を共同アンテナと呼んでいる。山,高層ビルの影響で難視聴となった地域や一つのビル全体のテレビ共同受信を可能にする設備のことである。さらに規模が大きく,放送電波の再送信以外に自主的なプログラムサービスなどをも含めて行うものが有線テレビとかCATV(cable television)などと呼ばれるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共同アンテナ
きょうどうあんてな
common antenna

電波が十分届かない山間地、高層ビル間などの難視聴地域で、同一アンテナを共用した多数のテレビ受像機が自由に選局できるようにした受信アンテナシステム。良好な電波を受信できる位置にアンテナを設置し、その受信信号をチャネルごとに増幅器で一定レベルに調整・増幅して、幹線ケーブルに送る。幹線ケーブルには線路による損失を補償する増幅器と、各受像機に分配するための分岐器が設けられている。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同アンテナの関連キーワード指向性アンテナ安定多数ビームアンテナループアンテナロッドアンテナアンテナレベル平面アンテナホームアンテナ地デジ難民BSアンテナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共同アンテナの関連情報