コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通法 きょうつうほう

1件 の用語解説(共通法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共通法
きょうつうほう

大正7年法律 29号。第2次世界大戦前,日本本土と樺太,朝鮮,台湾,関東州,南洋群島間の法律適用問題を解決するため制定せられた法律。準国際私法の一つの例。当時日本本土,海外領のそれぞれの領域には相互に独立の法秩序が施行されていたため,たとえば日本本土の者と朝鮮領域に属する者との間の法律関係などにつき,いずれの法律を適用すべきかという問題が生れることは避けがたく,こうした諸問題を解決するために設けられたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共通法の関連キーワードセイム第2次世界大戦ロンメル世界大戦福祉社会サロー第三次世界大戦秘史カステルヌーヴォ=テデスコ《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共通法の関連情報