コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通法 きょうつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共通法
きょうつうほう

大正7年法律 29号。第2次世界大戦前,日本本土と樺太,朝鮮,台湾,関東州,南洋群島間の法律適用問題を解決するため制定せられた法律。準国際私法の一つの例。当時日本本土,海外領のそれぞれの領域には相互に独立の法秩序が施行されていたため,たとえば日本本土の者と朝鮮領域に属する者との間の法律関係などにつき,いずれの法律を適用すべきかという問題が生れることは避けがたく,こうした諸問題を解決するために設けられたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

共通法の関連キーワードリーベル・ユディキオルムボーベ地方慣習法書普通法[ドイツ]ローマ法の継受コモン・ローCEマーク巡回裁判封建法租税法

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共通法の関連情報