コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内灘事件 ウチナダジケン

4件 の用語解説(内灘事件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちなだ‐じけん【内灘事件】

昭和28年(1953)、石川県河北郡内灘における米軍基地反対闘争。砂丘地を在日米軍が試射場として無期限使用することを閣議決定し、試射が強行されたため、反対派の住民や支援団体が座り込み、警官隊と衝突した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内灘事件【うちなだじけん】

1952〜53年にかけて起きた,石川県にある内灘砂丘の米軍試射場としての使用に反対する運動。内灘村議会(当時)の反対決議に端を発し,その後住民や各地の労働組合なども巻き込んだ全県的な闘争に発展,1950年代に日本各地へ広がりを見せた基地反対闘争のきっかけとされている。
→関連項目清水幾太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

うちなだじけん【内灘事件】

米軍基地反対闘争事件。1952年(昭和27)日米合同委員会が内灘町の砂丘地を米軍の砲弾試射場として接収すると決定したことに、地元住民を中心に反対闘争が組織されたが、53年接収が強行された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内灘事件
うちなだじけん

基地闘争全国化への口火となった石川県内灘における米軍基地反対闘争。1952年(昭和27)9月、日米合同委員会は、朝鮮戦争下に特需生産された米軍砲弾の試射場として内灘村砂丘地の接収を決定した。これに対し村議会はただちに反対を決議。婦人を中心とする村民がムシロ旗を押し立てて県庁に押しかけ、連日金沢市内で街頭署名に立つなかで、県議会も全会一致で反対を決議した。同年12月吉田内閣は翌53年1月から4か月の期限付き接収と決定したが、期限切れが近づくにしたがって継続使用の動きをみせた。そのため運動は再度高揚し、石川県評を中心とする革新陣営により内灘接収反対実行委員会が結成され、5月1日試射中止となった。その後6月2日、閣議の無期限使用決定により、「金は1年、土地は万年」をスローガンに掲げた村民の座り込み、デモ隊と警官隊との衝突、北陸鉄道労組の米軍物資輸送拒否決定と48時間ストなど運動は最高潮に達し、全国的関心を集めた。しかし、同月15日試射は再開され、接収賛成派が台頭、村内に亀裂(きれつ)が生ずるなかで、9月村当局は政府と妥結、ついで11月村長選挙での基地反対派の敗退により闘争は終結した。57年接収解除となった。[荒川章二]
『神田正雄・久保田保太郎著『日本の縮図 内灘――軍事基地反対闘争の実態』(1953・社会書房) ▽進藤牧郎・鈴木寛・宮本憲一「内灘村――その政治・経済構造」(『思想』1954年2月号所収・岩波書店) ▽清水幾太郎「内灘」(『世界』1953年9月号所収・岩波書店) ▽「『内灘』は訴える」(『世界』1953年11月号所収・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内灘事件の関連キーワード砺波山金沢医科大学津幡内灘サンセットパーク倶利伽羅源平の郷コンフォモール内灘内灘[町]表与兵衛本岡三千治内灘試射場

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone