コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤休甫 ないとう きゅうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤休甫 ないとう-きゅうほ

?-1673 江戸時代前期の武士。
内藤如安の長男。加藤清正に,のち前田利長・利常につかえる。慶長19年父がキリシタンを理由に呂宋(ルソン)(フィリピン)に流されたとき,職を辞してしたがった。父の死後帰国。寛永20年再度の禁教令で吟味をうけたが,ゆるされて能登(のと)(石川県)にすんだ。延宝元年死去。名は好次。通称は采女(うねめ)。洗礼名はトマス。号は求甫ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤休甫の関連キーワード内藤如安

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android