コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤如安 ないとうじょあん

百科事典マイペディアの解説

内藤如安【ないとうじょあん】

安土桃山時代の武将。本名忠俊,飛騨守を称す。如安は洗礼名ジョアンに由来する。もと丹波(たんば)八木城主。足利義昭に味方して織田信長に追放された。1564年キリシタンとなり小西行長のもとに属し,文禄・慶長の役では北京で明と講和交渉を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤如安 ないとう-じょあん

?-1626 織豊-江戸時代前期の武将,キリシタン。
永禄(えいろく)8年受洗。小西行長につかえ,小西如庵とも名のる。文禄(ぶんろく)・慶長の役に講和使節として明(みん)(中国)との交渉にあたる。関ケ原の戦い後,加藤清正,前田利長臣従徳川家康禁教令で慶長19年高山右近らとともに呂宋(ルソン)(フィリピン)に流され,寛永3年マニラで死去。名は忠俊。号は徳庵。洗礼名はジョアン(如安,如庵)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内藤如安

没年:寛永3(1626)
生年:生年不詳
安土桃山時代のキリシタン武将。松永久秀の弟甚介と丹波八木城主内藤氏の娘との間に生まれ,内藤忠俊という。永禄8(1565)年,京都で受洗しジョアン(如安)と称する。足利義昭に仕えるがその没落後,小西行長の家臣となり,小西如庵名でも知られる。豊臣秀吉の朝鮮出兵に際して出陣する。行長の命令で明国への講和使節に選ばれ文禄3(1594)年から翌年にかけて北京に使し,明と講和を交渉。慶長5(1600)年関ケ原の戦で行長が処刑されると浪人になるが,高山右近の援助で加賀(石川県)前田氏の客将となる。同19年江戸幕府のキリシタン禁制により,右近や妹の内藤ジュリアら家族と共にマニラに追放され,同地で病没。

(村井早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないとうじょあん【内藤如安】

?‐1626(寛永3)
近世初期のキリシタン武士。飛驒守,徳安とも称する。如安は洗礼名ジョアンJoãoに由来する。丹波国八木の城主であったが,1587年(天正15)伴天連追放令のさい信仰を守って所領を捨て,キリシタン大名小西行長に仕えた。文禄・慶長の役では行長とともに渡鮮し,明との講和交渉にあたった。関ヶ原の戦後,一時,加藤清正の下にあったが,高山右近の斡旋で前田利長に仕えた。1614年(慶長19)キリシタン禁教令によって,右近らとともにマニラに追放され同地で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内藤如安の関連キーワード沈惟敬(しんいけい)八木[町]内藤休甫松永長頼沈惟敬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android