コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤正勝(2) ないとう まさかつ

1件 の用語解説(内藤正勝(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤正勝(2) ないとう-まさかつ

1643-1694 江戸時代前期の大名。
寛永20年生まれ。旗本内藤正隆の子。内藤正次(まさつぐ)の養子となり,小姓組番頭(ばんがしら),留守居などをへて元禄(げんろく)6年大坂定番にすすむ。このとき,武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)の旧領にくわえ1万石を加増され,赤松藩主内藤家初代となる。1万6000石。元禄7年8月7日死去。52歳。幼名は平八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内藤正勝(2)の関連キーワード伊東長貞織田長種織田信武小出英及宗義倫丹羽長次細川興昌堀直時松前高広水野元知

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone