コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤正勝(2) ないとう まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤正勝(2) ないとう-まさかつ

1643-1694 江戸時代前期の大名。
寛永20年生まれ。旗本内藤正隆の子。内藤正次(まさつぐ)の養子となり,小姓組番頭(ばんがしら),留守居などをへて元禄(げんろく)6年大坂定番にすすむ。このとき,武蔵(むさし)比企郡(埼玉県)の旧領にくわえ1万石を加増され,赤松藩主内藤家初代となる。1万6000石。元禄7年8月7日死去。52歳。幼名は平八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤正勝(2)の関連キーワードルイルイメアリー三井高利メアリカタマルカ俳句(文学)吉田自休皇太極セーリス