コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円測 えんじきWǒnch'ǔk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円測
えんじき
Wǒnch'ǔk

[生]真平王35(613)
[没]万歳通天1(696)
中国,唐の法相宗学僧。新羅 (朝鮮) 出身。玄奘唯識を学び,長安西明寺に住した。慈恩学派の窺基や慧沼に反対され,その説は異端とされた。著書『解深密経疏』は現存し,チベット語にも翻訳された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円測
えんじき
(613―696)

新羅(しらぎ)(朝鮮)の王族出身の学僧。3歳で出家し、15歳で中国に遊学、長安で摂論(しょうろん)宗の法常(567―645)や僧弁(568―642)に就いて学び、玄奘(げんじょう)帰朝(645)後は、その門下として経典の注釈や翻訳に従事した。晩年は西明寺(さいみょうじ)に住したため西明円測とも称せられ、彼の門下は西明寺派ともよばれる。彼には玄奘以前の真諦(しんだい)教学の影響も強く、若くして玄奘に学んだ基(き)(窺基(きき))門下の慈恩寺(じおんじ)派とは異なった側面を示し、後の新羅の仏教学にも影響を与えた点が注目される。多くの注釈を著したが、現存するものは『解深密経疏(げじんみっきょうしょ)』10巻(うち第10巻は欠、漢訳からのチベット訳は全巻現存)、『仁王経疏(にんのうきょうしょ)』6巻、『般若心経賛(はんにゃしんぎょうさん)』1巻のみである。[袴谷憲昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

円測の関連キーワード西明円測袴谷憲昭興教寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android