コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円測 えんじき Wǒnch'ǔk

2件 の用語解説(円測の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円測
えんじき
Wǒnch'ǔk

[生]真平王35(613)
[没]万歳通天1(696)
中国,唐の法相宗の学僧。新羅 (朝鮮) 出身。玄奘に唯識を学び,長安の西明寺に住した。慈恩学派の窺基や慧沼に反対され,その説は異端とされた。著書『解深密経疏』は現存し,チベット語にも翻訳された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円測
えんじき
(613―696)

新羅(しらぎ)(朝鮮)の王族出身の学僧。3歳で出家し、15歳で中国に遊学、長安で摂論(しょうろん)宗の法常や僧弁に就いて学び、玄奘(げんじょう)帰朝(645)後は、その門下として経典の注釈や翻訳に従事した。晩年は西明寺(さいみょうじ)に住したため西明円測とも称せられ、彼の門下は西明寺派ともよばれる。彼には玄奘以前の真諦(しんだい)教学の影響も強く、若くして玄奘に学んだ基(き)(窺基(きき))門下の慈恩寺(じおんじ)派とは異なった側面を示し、後の新羅の仏教学にも影響を与えた点が注目される。多くの注釈を著したが、現存するものは『解深密経疏(げじんみっきょうしょ)』10巻(うち第10巻は欠、漢訳からのチベット訳は全巻現存)、『仁王経疏(にんのうきょうしょ)』6巻、『般若心経賛(はんにゃしんぎょうさん)』1巻のみである。[袴谷憲昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円測の関連キーワード宇野億中平王江戸万歳写真平版万歳扇掛合い万歳万歳旛万歳の遊び真平王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone