コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円照(2) えんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円照(2) えんしょう

1221-1277 鎌倉時代の僧。
承久(じょうきゅう)3年生まれ。聖守(しょうしゅ)の弟。良遍に法相(ほっそう)を,覚盛(かくじょう)と叡尊(えいそん)に律を,円爾(えんに)に禅をまなび,教律禅の一致をとなえる。建長3年東大寺戒壇院にはいり律の再興につとめる。正嘉(しょうか)元年造東大寺大勧進となった。建治(けんじ)3年10月22日死去。57歳。大和(奈良県)出身。号は実相房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円照(2)の関連キーワード鎌倉時代承久

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android