(読み)サ

デジタル大辞泉の解説

さ【再】[漢字項目]

さい

さい【再】

[接頭]名詞に付いて、ふたたび、もう一度の意を表す。「放送」「スタート」

さい【再】[漢字項目]

[音]サイ(呉)(漢) (慣) [訓]ふたたび
学習漢字]5年
〈サイ〉ふたたび。「再会再刊再起再建再現再再再三再生再選再度再出発一再
〈サ〉その次の。「再来月再来週再来年
[難読]再従兄弟(はとこ)再従姉妹(はとこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さい【再】

( 接頭 )
ふたたび、もう一度の意を表す。 「 -提出」 「 -開発」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい【再】

〘語素〙 (名詞の上に付き、接頭語的に用いて) ふたたび、もう一度の意を明示する語。「再縁組」「再調整」「再開発」など。
※世界人権宣言(1948)前文「基本的人権、人間の尊厳及び価値並びに男女の同権についての信念を再確認し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再の関連情報