コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再軍備問題 さいぐんびもんだい rearmament problem

1件 の用語解説(再軍備問題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再軍備問題
さいぐんびもんだい
rearmament problem

一般に,敗戦国が国際条約によって,あるいは自国の憲法の規定によって廃止または制限された軍備を,再び保有または増強すること。第1次世界大戦ドイツベルサイユ条約により軍備を制限されていたが,ナチス政権はなしくずしに軍備強化に乗出し,1935年の国防軍編成法によって事実上制限条項を破棄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再軍備問題の関連キーワード国際地役平和条約国際条約賠償義務油による海水の汚濁の防止のための国際条約北太平洋の公海漁業に関する国際条約植物新品種の保護に関する国際条約PCT(国際条約)満載喫水線に関する国際条約油濁損害の補償のための国際基金の設立に関する国際条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone