コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真特性曲線 しゃしんとくせいきょくせん photographic characteristic curve

1件 の用語解説(写真特性曲線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真特性曲線
しゃしんとくせいきょくせん
photographic characteristic curve

写真感光材料に与えた露光量と現像処理後に得られた画像の濃度 (黒化度) の関係を表わす曲線。ハーター=ドリフィールドの特性曲線または HD 曲線ともいう。露光量 (照度と露出時間の積) の対数値を横軸に,濃度を縦軸にとって表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の写真特性曲線の言及

【写真フィルム】より

…現像によって被写体と明暗が逆になる(カラーの場合は色相も補色になる)ものをネガタイプ,また現像(この場合の現像を反転現像という)によって被写体と同じ像が得られるものをポジタイプ(リバーサルタイプ,反転タイプともいう)という。
[フィルムの写真特性]
 フィルムを含め,感光材料の写真効果の特性は,あてられた光の量(露光量)Eの常用対数,すなわちlog10Eに対する写真濃度Dで表され,この曲線を写真特性曲線(単に特性曲線ということが多い)と呼ぶ。露光量は,露光の照度と露光時間の積で表されるが,厳密には照度の時間積分値である。…

※「写真特性曲線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

写真特性曲線の関連キーワードかぶり感光度減感潜像ソラリゼーション焼付け停止液カバンヌ‐ホフマン効果ブンゼン‐ロスコーの光化学の法則焼き出し効果(写真)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone