冥土・冥途(読み)めいど

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐ど【冥土・冥途】

〘名〙 仏語。死後、死者の霊魂がたどって行く道。亡者のさまよい行く世界。地獄・餓鬼・畜生の三悪道など。多数の冥官・冥吏がいて、人の生前の罪過に罰をくだすものとされ、また、三途(さんず)の川や賽(さい)の河原などがあると信じられた。よみじ。黄泉。冥界。冥府。冥莫。冥路。
※文華秀麗集(818)中・奉和侍中翁主挽歌詞〈巨勢識人〉「冥途節候、何処復知春」
※今昔(1120頃か)六「冥途に至て、罪を勘へて、牛の身に成らむとす」 〔国清百録‐三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android