コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凌霄花/紫葳 ノウゼンカズラ

デジタル大辞泉の解説

のうぜん‐かずら〔‐かづら〕【凌花/紫葳】

ノウゼンカズラ科の蔓性(つるせい)の落葉樹。気根を出して他をよじのぼり、葉は卵形の小葉からなる羽状複葉。夏、黄赤色の漏斗状で先の5裂するを開く。中国の原産。陵苕(のうしょう)。のうぜん。 夏》「すすぎ場に―花をたれ/素逝」

りょうしょう‐か〔リヨウセウクワ〕【××霄花】

ノウゼンカズラ漢名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうぜんかずら【凌霄花】

ノウゼンカズラ科のつる性落葉木本。中国原産。気根を出して他物をはい上がる。葉は羽状複葉。夏、黄赤色の大きい漏斗状の花を多数つける。漢名、凌霄花りようしようか。のうぜん。のうぜんか。 [季] 夏。

りょうしょうか【凌霄花】

ノウゼンカズラの漢名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

凌霄花 (ノウゼンカズラ・ノウゼン;リョウセンカ)

学名:Campsis grandiflora
植物。ノウゼンカズラ科の落葉つる植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の凌霄花/紫葳の言及

【ノウゼンカズラ】より

…欧米の温暖地でも栽植されている。花の干したものを漢方では凌霄花(りようしようか)といい,利尿,通経に用いるし,茎もよく似た目的に用いられる。コノウゼンC.radicans (L.) Seem.(英名trumpet vine,trumpet tree)(イラスト)は北アメリカ南東部原産で,名前のように花はやや小型で直径4cmほどである。…

※「凌霄花/紫葳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

凌霄花/紫葳の関連キーワード思い入れ凌霄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android