コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍結工法 とうけつこうほうfreezing method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凍結工法
とうけつこうほう
freezing method

地盤内に冷媒を供給して,地中の水を凍結させることにより,地盤の止水性,安全性を高める地盤改良工法の一種。地下水位の高い軟弱地盤や河川の下の地盤を掘削する場合などに用いられる。冷却液を凍結管内に循環させて地盤を凍結させるブライン工法と低温液化ガスを直接凍結管に流し込み気化熱を利用して地盤を凍結させる方法とがあるが,一般にはブライン工法を用いることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうけつこうほう【凍結工法 freezing process】

地盤を凍結状態にして掘削する工法。元来はヨーロッパで地下水帯を貫いて炭坑を掘るために使われていた方法であるが,日本では都市における地下工事を安全に進める補助工法として,1961年の試験施工以来,20年間に約200件の実施例がある。掘削予定範囲を囲むように凍結管を埋設し,冷却液を送り込んで掘削範囲周辺の地盤を凍結状態とし,遮水性と強度の優れた地盤を一時的に作って掘削を行う。この工法には,塩化カルシウム水溶液(氷結点-50℃)を冷凍機で冷却して凍結管内を循環させる方法と,液体窒素(蒸発温度-196℃)を凍結管に送る方法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

凍結工法の関連キーワード精研

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android