コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処分行為 ショブンコウイ

デジタル大辞泉の解説

しょぶん‐こうい〔‐カウヰ〕【処分行為】

財産の現状または性質を変更したり、家の売買などのように財産権の法律上の変動を生じさせたりする行為。→管理行為

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょぶんこうい【処分行為】

〘法〙 財産の現状を変更する行為ならびに売買などのように財産権の変動を生じさせる法律行為。処分。 → 管理行為

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

処分行為
しょぶんこうい

財産ないし財産権の変動を直接の目的とする行為。法律的処分行為としては、物権の設定・移転・消滅に関する物権行為と、物権以外の財産権の変動に関する準物権行為(たとえば債権譲渡)とがある。これに対しては、財産の現状・性質を事実において変更する事実的処分行為がある。法律的処分行為は契約であることが多いが、債務免除のように単独行為である場合もある。[竹内俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の処分行為の言及

【管理行為】より

…代理人の代理権の範囲を定める法律上の概念で,財産の現状変更を目的とする処分行為に対立する語。民法の条文にはない,学問上の概念である。…

【詐欺】より

…古くは,他人を欺く犯罪として,偽造,偽証等とひとまとめにされていたが,商業取引の発達とともに独立化されたのである。詐欺罪は,人に対して欺罔手段を用い,相手方を錯誤におとしいれて,その者自身に財物・利益を交付(処分行為)させて,これを取得するものである。人をだまして金品を得たり,債務の支払を免れたりする行為がその例である。…

【法律行為】より

…行為者の死亡によって効力の生ずる遺言や死因贈与は死後行為または死因行為で,その他の行為が生前行為である。発生する効果の種類によって,例えば贈与,売買,賃貸借契約のように一定の給付を請求できる債権を発生させるのが債権行為,所有権移転・抵当権設定のように物権の変動を生じさせるのが物権行為,債権譲渡・債務免除・無体財産権譲渡などのように物権以外の権利の処分の効果を生じさせるのが準物権行為で,後2者を処分行為ともいう。財産の出捐(しゆつえん)を目的とする行為がその原因と不可分であるかどうかにより,原因関係に影響されるものが有因行為で,手形行為のように影響されないのが無因行為である。…

【保存行為】より

…保存行為は現状維持にとどまり,不在者,本人,相続人等に対して不利益をもたらすものではないので,原則として管理人等は自己の判断で実行することができる。これに反して,財産を売却してしまう行為(処分行為),あるいは建物を改築する行為(改良行為)などについては,管理人等は家庭裁判所の許可を得て初めて実行することができる。【栗田 哲男】。…

※「処分行為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

処分行為の関連キーワード処分権主義財産管理人法律行為倉荷証券否認権農地法詐欺罪恐喝罪追完詐欺

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処分行為の関連情報