コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管理行為 かんりこうい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管理行為
かんりこうい

財産の保存,利用および改良を目的とする行為。財産の現状変更を目的とする処分行為に対する概念である。保存行為とは財産の現状を維持するための事実上 (たとえば家屋修繕) ,および法律上 (大工との修繕契約) の行為をいい,利用行為とは財産を有利に利用する事実上 (土地の耕作) ,および法律上 (銀行に預金して利息を収得) の行為をいい,改良行為とは財産の性質を変じない範囲内でその価値を増加する事実上 (家屋に造作を付加すること) ,および法律上 (同上の契約) の行為をいう。代理人についてその権限の定めがない場合には管理行為をする権限しか認められず,また不在者の財産管理人や相続人不存在の場合の相続財産管理人も,原則として管理行為だけをする権限しか与えられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんり‐こうい〔クワンリカウヰ〕【管理行為】

財産を現状において維持し、また、財産の性質を変更しない範囲で利用・改良を目的とする行為。保存行為利用行為改良行為がある。→処分行為

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんりこうい【管理行為】

代理人の代理権の範囲を定める法律上の概念で,財産の現状変更を目的とする処分行為に対立する語。民法の条文にはない,学問上の概念である。けれども,権限の定めがない代理人の代理権の範囲を定めた民法103条の規定は,管理行為に関するものと解されている。通常,代理人の代理権の範囲は,代理権を発生させる〈委任契約〉などの個別契約によって定められる。ところが代理権は存在するもののその範囲が不明確であるという場合に,代理権の範囲は管理行為に限定されるのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんりこうい【管理行為】

民法上、財産を保管して経済上の用途に適させる行為。保存行為・利用行為・改良行為をいう。 → 処分行為

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管理行為
かんりこうい

財産を保管してその経済上の用途に適させるような行為、すなわち、保存行為(財産の価値を現状において維持するための行為)、および財産の性質を変更しない範囲で利用または改良を目的とする行為をいう。処分行為に対する。管理行為は、管理人などの権限の範囲を定めるのにしばしば用いられる(民法28条・103条・918条3項・953条など)。管理行為ということばは法律上、次のような行為の総称として用いられる。すなわち、(1)保存行為(代理の目的となっている財産の現状を維持するための行為、たとえば家屋修理のため請負契約を結ぶなど)、(2)利用行為(代理の目的で、ある財産の性質を変更しない範囲で収益を図る行為、たとえば家屋を賃貸するなど)、(3)改良行為(代理の目的で、ある財産の性質を変更しない範囲でその経済的価値を増加するような行為、たとえば宅地の地ならしのための請負契約を結ぶとか、無利息の貸金を利息付きに改めるなど)の行為である。[川井 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

管理行為の関連キーワードマネジメント・シミュレーションビルメンテナンス空売り・空買い指定管理者制度港湾運送業会計検査院学校経営開発許可川井

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

管理行為の関連情報