コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管理行為 かんりこうい

5件 の用語解説(管理行為の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管理行為
かんりこうい

財産の保存,利用および改良を目的とする行為。財産の現状変更を目的とする処分行為に対する概念である。保存行為とは財産の現状を維持するための事実上 (たとえば家屋の修繕) ,および法律上 (大工との修繕契約) の行為をいい,利用行為とは財産を有利に利用する事実上 (土地の耕作) ,および法律上 (銀行に預金して利息を収得) の行為をいい,改良行為とは財産の性質を変じない範囲内でその価値を増加する事実上 (家屋に造作を付加すること) ,および法律上 (同上の契約) の行為をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんり‐こうい〔クワンリカウヰ〕【管理行為】

財産を現状において維持し、また、財産の性質を変更しない範囲で利用・改良を目的とする行為。保存行為利用行為改良行為がある。→処分行為

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんりこうい【管理行為】

代理人の代理権の範囲を定める法律上の概念で,財産の現状変更を目的とする処分行為に対立する語。民法の条文にはない,学問上の概念である。けれども,権限の定めがない代理人の代理権の範囲を定めた民法103条の規定は,管理行為に関するものと解されている。通常,代理人の代理権の範囲は,代理権を発生させる〈委任契約〉などの個別契約によって定められる。ところが代理権は存在するもののその範囲が不明確であるという場合に,代理権の範囲は管理行為に限定されるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管理行為
かんりこうい

財産を保管してその経済上の用途に適させるような行為、すなわち、保存行為(財産の価値を現状において維持するための行為)、および財産の性質を変更しない範囲で利用または改良を目的とする行為をいう。処分行為に対する。管理行為は、管理人などの権限の範囲を定めるのにしばしば用いられる(民法28条・103条・918条3項・953条など)。管理行為ということばは法律上、次のような行為の総称として用いられる。すなわち、(1)保存行為(代理の目的となっている財産の現状を維持するための行為、たとえば家屋修理のため請負契約を結ぶなど)、(2)利用行為(代理の目的で、ある財産の性質を変更しない範囲で収益を図る行為、たとえば家屋を賃貸するなど)、(3)改良行為(代理の目的で、ある財産の性質を変更しない範囲でその経済的価値を増加するような行為、たとえば宅地の地ならしのための請負契約を結ぶとか、無利息の貸金を利息付きに改めるなど)の行為である。[川井 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone