コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出口の柳 でぐちのやなぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出口の柳
でぐちのやなぎ

(1) 京都島原遊郭の出口の柳。本来は六条柳町の郭の出口の柳をいう。 (2) 地歌三弦の曲名。宇治加賀掾作詞,杵屋長五郎作曲と伝えられ,本来は京阪の歌舞伎芝居で行われた芝居歌であったとの説もある。ただし,加賀掾の浄瑠璃の現存正本中にはみえず,近松門左衛門の『けいせい反魂香』に登場する傾城遠山のことを歌った「歌祭文」を詞章としている。本調子から二上りとなるが,そのあと本調子に戻る後編は省略されることが多い。替手および箏の手もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でぐちのやなぎ【出口の柳】

地歌。宇治加賀掾作の浄瑠璃の一部をとって、宝永(1704~1711)ごろに初世杵屋長五郎が作曲。狩野元信と傾城(けいせい)遠山の伝説によっており、歌祭文(うたざいもん)の曲節を取り入れている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でぐちのやなぎ【出口の柳】

地歌の一。杵屋きねや長五郎作曲、宇治加賀掾作詞。宝永(1704~1711)頃の作。傾城が勤めの辛さをうたったもの。元禄期(1688~1704)の歌祭文うたざいもんの曲風を残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android