分断国家(読み)ぶんだんこっか

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんだんこっか【分断国家】

大国の政治的意図によって国境を分断された国家のうち,とくに冷戦を原因として東西両陣営に分断された国家をいう。東西ドイツ,南北朝鮮,南北ベトナム,また中国本土と台湾などがその例である。このうち,南北ベトナムはベトナム戦争終結とともに1976年7月に,東西ドイツは東西冷戦終結とともに90年10月に,それぞれ統一された。台湾でも,国民党政権が武力による再統一(本土反攻)路線を事実上転換し,台湾出身の〈本省人〉によって構成される政府に変わったため,かつてのような分断国家としての性格は薄れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんだんこっか【分断国家】

一つの国家が人為的に分裂させられた国家。第二次大戦後の朝鮮・ベトナム・ドイツなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分断国家の関連情報