コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分断国家 ぶんだんこっか

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんだんこっか【分断国家】

大国の政治的意図によって国境を分断された国家のうち,とくに冷戦を原因として東西両陣営に分断された国家をいう。東西ドイツ,南北朝鮮,南北ベトナム,また中国本土と台湾などがその例である。このうち,南北ベトナムはベトナム戦争終結とともに1976年7月に,東西ドイツは東西冷戦終結とともに90年10月に,それぞれ統一された。台湾でも,国民党政権が武力による再統一(本土反攻)路線を事実上転換し,台湾出身の〈本省人〉によって構成される政府に変わったため,かつてのような分断国家としての性格は薄れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんだんこっか【分断国家】

一つの国家が人為的に分裂させられた国家。第二次大戦後の朝鮮・ベトナム・ドイツなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分断国家
ぶんだんこっか

分裂国家」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

分断国家の関連キーワードドイツ・オーストリア音楽大韓民国金達寿朝鮮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分断国家の関連情報