コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分節運動 ブンセツウンドウ

2件 の用語解説(分節運動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんせつ‐うんどう【分節運動】

哺乳類の小腸などにみられる運動。一定の間隔で腸管が収縮してくびれ、多数の分節に分けたようになるのが特徴。腸内容物と消化液とを混合する役をする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分節運動
ぶんせつうんどう

哺乳(ほにゅう)類の消化管にみられる運動形式の一つ。腸の内容物をこねてかき混ぜることに役だつと考えられている。周期的な分節運動は、まず輪状筋が数センチメートルの間隔を置いて収縮してくびれをつくり、数秒置いてくびれの間がさらにくびれて内容を分割し、隣のくびれの内容と混ざった塊をつくることからなっている。この運動は毎分10回から20回程度の頻度で生じる。消化管の蠕動(ぜんどう)運動においては、伝播(でんぱ)性の収縮波が一方向に伝わり、その内容物は収縮波の伝わる方向に移送されるのに対して、分節運動では内容物が一方向に送られることはない。分節運動の頻度はヒトでは十二指腸で高く回腸で低いが、ウサギでは小腸の下部で高いといわれている。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分節運動の言及

【消化】より

…たとえば,ガストリンは胃運動の促進,幽門括約部の弛緩,食道下部括約部の収縮,小腸運動と胆囊収縮の促進をひき起こし,セクレチンは食道下部括約部,胃,小腸の運動を抑制する。 消化管運動には大別して,蠕動(ぜんどう)と分節運動の二つの型式がある。(1)蠕動peristalsis 消化管の一部で内外両筋層が収縮し,この収縮が口側から肛門側に波として伝わっていく。…

※「分節運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分節運動の関連キーワード妊娠鞭毛蹠行性蹄行性乳管XY型指行性ミクロフィラメント非霊長哺乳類海産哺乳類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone