分節運動(読み)ブンセツウンドウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分節運動
ぶんせつうんどう

哺乳(ほにゅう)類の消化管にみられる運動形式の一つ。腸の内容物をこねてかき混ぜることに役だつと考えられている。周期的な分節運動は、まず輪状筋が数センチメートルの間隔を置いて収縮してくびれをつくり、数秒置いてくびれの間がさらにくびれて内容を分割し、隣のくびれの内容と混ざった塊をつくることからなっている。この運動は毎分10回から20回程度の頻度で生じる。消化管の蠕動(ぜんどう)運動においては、伝播(でんぱ)性の収縮波が一方向に伝わり、その内容物は収縮波の伝わる方向に移送されるのに対して、分節運動では内容物が一方向に送られることはない。分節運動の頻度はヒトでは十二指腸で高く回腸で低いが、ウサギでは小腸の下部で高いといわれている。[村上 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんせつ‐うんどう【分節運動】

〘名〙 哺乳類の小腸に見られる消化運動。一定間隔を置いて腸管がくびれたように縮む蠕動運動により、内容物を輸送したり混合したりする。〔人体の機能(1952)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の分節運動の言及

【消化】より

…たとえば,ガストリンは胃運動の促進,幽門括約部の弛緩,食道下部括約部の収縮,小腸運動と胆囊収縮の促進をひき起こし,セクレチンは食道下部括約部,胃,小腸の運動を抑制する。 消化管運動には大別して,蠕動(ぜんどう)と分節運動の二つの型式がある。(1)蠕動peristalsis 消化管の一部で内外両筋層が収縮し,この収縮が口側から肛門側に波として伝わっていく。…

※「分節運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android