切子玉(読み)きりこだま

デジタル大辞泉の解説

きりこ‐だま【切(り)子玉】

古墳時代から奈良時代にかけて、装身具に用いられた玉。ふつう、長さ2~3センチの細長いそろばん玉のような形の多面体で、水晶製が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切子玉
きりこだま

截頭角錐(せっとうかくすい)を二つあわせた形の飾玉(かざりだま)。断面は六角形が普通だが、四角、七角、八角のものもある。材料は水晶がもっとも多く、めのう、ガラス、埋(うも)れ木、ろう石なども使われた。長さ1~3センチメートル、腹径1~1.5センチメートルのものが多いが、長さ6.2センチメートルという大形品(大阪府和泉(いずみ)黄金塚(こがねづか)古墳出土)もある。穿孔(せんこう)は片側からが普通だが、大きいものは両側から行っている。切子玉は主として古墳時代後期に使用されたが、奈良時代にもすこしみられる。似た玉で、截頭円錐を二つあわせた形の玉は、その形状から算盤玉(そろばんだま)とよばれている。[望月幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きりこ‐だま【切子玉】

〘名〙 古代、装身具に用いた切子形、多面体の玉。長さ約二~三センチメートル、直径約一~一・五センチメートル。水晶で作られたものが多く、瑪瑙(めのう)、ガラス、碧玉岩、蝋石などのものもある。朝鮮半島の古墳から出土したものもあり、日本では古墳時代から奈良時代にかけて用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の切子玉の言及

【玉】より

…これらの玉には,緒を通してつなぐために,貫通した孔があり,それぞれの形と孔の位置とによって,種々の名称がついている。日本でふつうに用いる玉の名称をあげると,勾玉(まがたま),管玉(くだたま),丸玉,棗玉(なつめだま),平玉(ひらだま),算盤玉(そろばんだま),切子玉(きりこだま)などがおもなものである。勾玉は湾曲した体のふくらんだ一端に偏して孔をあけたもの,管玉は細長い管状のもの,丸玉は球状のもの,棗玉は丸玉をやや長くした形のもの,平玉は扁球形で平らな面に平行に孔をあけたもの,算盤玉は二つの截頭円錐体を底面で接合した形のもの,切子玉は二つの截頭角錐体を底面で接合した形のものである。…

※「切子玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android