コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初日の出 ハツヒノデ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ひので【初日の出】

元日日の出。はつひ。 新年》「馳け上る松の小山や―/漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はつひので【初日の出】

京都の日本酒。酒名は、創業時に将来の発展を願い命名。やや濃醇タイプの純米大吟醸酒「蒼光」は平成2、3、26年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞。ほかに純米酒北山の郷」、本醸造酒「北山路」などがある。原料米は祝、五百万石など。仕込み水は桂川上流の伏流水。蔵元の「羽田酒造」は明治26年(1893)創業。所在地は京都市右京区京北周山町下台。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

はつひので【初日の出】

元旦の日の出。はつひ。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初日の出の関連キーワード野口遵羽子板初詣で初日新年元旦拝む初茜国旗

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初日の出の関連情報