御来光(読み)ゴライコウ

  • ごらいこう ‥ライクヮウ
  • ごらいこう〔ライクワウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

今では山頂日の出の意味に使われているが,もともとは御来迎(ごらいごう)と書いて,山頂近くの雲に自分の影がうつされると,色の付いた光の輪を背負った仏の像に見えることをいったものという。グローリー【畠山 久尚】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

高山などで、尊いものとして迎える日の出。仏の御光。 [季] 夏。 富士山頂で-を拝む

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ご」は接頭語)
① 高山で拝む日の出。また、その景色。御来迎。《季・夏》
② 「ごらいごう(御来迎)①」と混同して用いられる。
※妹背貝(1889)〈巖谷小波〉夏「此の生菩薩の御来光、並々の衆生なら、アッとばかり面もあげられまいが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御来光の言及

【富士信仰】より

…この登山風俗は,江戸時代にも引き継がれていて,富士講もまた宿坊とつながりをもっていた。登山者の信仰活動の目的は,山上で日の出を拝することで,これを御来迎または御来光と称した。さらに山中に胎内穴があり,聖地視され,この洞穴に入り出てくること(胎内くぐり)は,富士詣により再生することを潜在的に意味したらしい。…

※「御来光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android