コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御来光 ゴライコウ

デジタル大辞泉の解説

ご‐らいこう〔‐ライクワウ〕【御来光】

高山の頂上で見る荘厳な日の出。「ご来光を拝む」 夏》「―這松(はひまつ)を透き巌を染め/蓼汀」
御来迎(ごらいごう)12」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごらいこう【御来光】

今では山頂の日の出の意味に使われているが,もともとは御来迎(ごらいごう)と書いて,山頂近くの雲に自分の影がうつされると,色の付いた光の輪を背負った仏の像に見えることをいったものという。グローリー【畠山 久尚】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごらいこう【御来光】

高山などで、尊いものとして迎える日の出。仏の御光。 [季] 夏。 「富士山頂で-を拝む」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御来光の言及

【富士信仰】より

…この登山風俗は,江戸時代にも引き継がれていて,富士講もまた宿坊とつながりをもっていた。登山者の信仰活動の目的は,山上で日の出を拝することで,これを御来迎または御来光と称した。さらに山中に胎内穴があり,聖地視され,この洞穴に入り出てくること(胎内くぐり)は,富士詣により再生することを潜在的に意味したらしい。…

※「御来光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御来光の関連キーワード岩木山の登拝行事御来迎(仏教)リギクルム富士山頂鳳翩山面河渓来光這松御光

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御来光の関連情報