御来迎(読み)ゴライゴウ

  • ごらいごう ‥ライガウ
  • ごらいごう〔ライガウ〕
  • 御来▽迎

デジタル大辞泉の解説

来迎」を敬っていう語。
高山の頂上で太陽を背にしたとき、前面の霧に自分の影が大きく映り、その周りに光環が見られる現象。阿弥陀仏光背を負うて来するのになぞらえていう。御来光 夏》「雪渓をさきだつ禰宜(ねぎ)や―/爽雨」
江戸時代の玩具の名。紙の張り抜きや木・土で作った小さな仏の像を竹筒に納めておき、糸の仕掛けで竹筒を下げると、黄色の紙を畳んで作った後光が開き、仏の像が現れるもの。
御来光(ごらいこう)1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山頂付近で太陽をにして雲やを見るとき,観測者の影が霧に投影され,顔の位置を中心として影全体をとりまいて見える美しい大きな光輪。微小水滴による光の回折現象で,水滴の大きさが均一のとき鮮明となる。観測者の影が著しく大きく見えるのは錯覚である。昔の人の信仰心から阿弥陀如来の御来迎と呼んだものであろう。御光,山の御光ともいう。グローリーと同じ。なお高山で望む日の出景観は御来光という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ごらいこう」とも。「ご」は接頭語)
① 念仏行者の臨終に、彌陀三尊などがあらわれる事を敬っていう語。
※仮名草子・恨の介(1609‐17頃)下「十万億の彌陀仏も、三尊ここに御らいがう、紫雲たなびき、花降り、菩薩もげには御影向(やうがう)
② 玩具の一つ。紙、木、土などでつくった小さな仏像を竹筒の中に入れて、筒をさげると黄紙を畳んで作った後光が開き、仏像がせり出すように仕掛けたもの。元祿(一六八八‐一七〇四)頃から売られたが、明和期(一七六四‐七二)には仏像にかわって、赤紙に烏を描いたものが行なわれた。御来迎のからくり。
※浄瑠璃・博多露左衛門色伝授(1708)三「竹の中より光を出す、したい、ごらいかうは大坂のしだしでござる」
③ 高山で拝む日の出。また、日の出や日没の時に、太陽を背にして立つと、自分の影が前面の霧に映り、彌陀が光背を負って来迎するような形に見える現象。ブロッケン現象。グローリー。《季・夏》
※随筆・北越雪譜(1836‐42)二「苗場山〈略〉しののめのそらまちわびしに、はれわたりたれば、いざや御来迎(ライカウ)を拝たまへと案内がいふにまかせ」
④ 二十六夜待(にじゅうろくやまち)の月の出。
※雑俳・柳多留‐四(1769)「御来迎すんですぐさま床へ入」
⑤ (①から転じて) 人が来ることをからかっていう語。
※初すがた(1900)〈小杉天外〉四「旦那、如何(どう)でげす、愈よ御来迎(ゴライコウ)に及んだじゃありませんか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御来迎の言及

【富士信仰】より

…この登山風俗は,江戸時代にも引き継がれていて,富士講もまた宿坊とつながりをもっていた。登山者の信仰活動の目的は,山上で日の出を拝することで,これを御来迎または御来光と称した。さらに山中に胎内穴があり,聖地視され,この洞穴に入り出てくること(胎内くぐり)は,富士詣により再生することを潜在的に意味したらしい。…

※「御来迎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御来迎の関連情報