コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初釜 ハツガマ

デジタル大辞泉の解説

はつ‐がま【初釜】

茶道で、新年に初めて炉に釜をかけ、茶事を行うこと。また、その釜。初茶の湯 新年》「―のはやくも立つる音なりけり/

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつがま【初釜】

茶の湯で、新年に初めて釜をかけること。また、新年初の茶会、あるいは稽古始め。 [季] 新年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

初釜
はつがま

新春を迎えて初めて開く茶会。『天王寺屋会記』によると、1565年(永禄8)正月4日に「初風呂(はつぶろ)」とあって、津田宗達(そうたつ)が大座敷に3人の客を招いた会を催している。また同記の1575年(天正3)正月4日の会を「初会」と書いている。江戸時代に入ると正月の初会を「茶湯始(ちゃのゆはじめ)」とか「初茶湯」と称するようになる。松平不昧(ふまい)は新年の会を「皇服」と称していた。「初釜」と称するようになったのは、明治30年代のことと考えられる。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

初釜の関連キーワード釜始め・釜初め花弁餅/葩餅花びら餅口取り初会稽古

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初釜の関連情報