コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田宗達 つだそうたつ

5件 の用語解説(津田宗達の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田宗達
つだそうたつ

[生]永正1(1504).堺
[没]永禄9(1566).8.2. 堺
戦国時代の豪商,茶人。堺の天王寺屋宗伯の子,宗及の父。堺三十六人衆の一人。武野紹鴎に茶を習った。著書に宗達,宗及,宗凡の祖父子三代の茶会記をまとめた『天王寺屋会記』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つだ‐そうたつ【津田宗達】

[1504~1566]室町後期の豪商・茶人。会合(えごう)衆の一人。茶を武野紹鴎に学び、茶器の名品を多く所蔵した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田宗達 つだ-そうたつ

1504-1566 戦国時代の茶人。
永正(えいしょう)元年生まれ。津田宗柏の子。津田宗及の父。天王寺屋道叱(どうしつ)の兄。堺(さかい)の豪商。茶の湯武野紹鴎(じょうおう)にまなぶ。30種の名物を所蔵。天文17年から没年まで茶会記「天王寺屋会記」をしるした。天文17年から没年まで茶会記「天王寺屋会記」をしるした。永禄(えいろく)9年8月2日死去。63歳。屋号は天王寺屋。道号は大通。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津田宗達

没年:永禄9.8.2(1566.8.16)
生年:永正1(1504)
戦国時代の堺の豪商,茶人で,天王寺屋。宗伯の子,宗及の父。通称は隼人,南宗庵の古岳宗亘から法号宗達,大林宗套より大通の居士号をうる。南荘に居住,戦国時代の自治都市堺の豪商として活躍した。その茶会記には,堺をはじめ畿内の豪商,畠山・三好党の武将や本願寺坊官下間氏が現れ,その交遊と商活動の内容を示しているが,また弟道叱らと共に九州との交易もおこなった。天文17(1548)年から永禄9(1566)年の茶会記を残す。堺の南宗寺に墓があり,また寺内の大通庵は子の宗及が父の菩提を弔うために創建したものである。<参考文献>永島福太郎「『天王寺屋会記』解題」(『茶道古典全集』7,8巻)

(脇田修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つだそうたつ【津田宗達】

1504~1566) 戦国時代の豪商・茶人。天王寺屋宗柏の長男。宗及の父。堺の会合衆えごうしゆうの一人。武野紹鷗じようおうの弟子。茶器の名品を多く所蔵した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田宗達の関連キーワード津田宗凡天王寺屋大阪府八尾市天王寺屋塩屋宗悦重宗甫銭屋宗訥津田宗柏津田道叱天王寺屋道叱天王寺屋光重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone