コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別尊雑記 べっそんざっき

3件 の用語解説(別尊雑記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別尊雑記
べっそんざっき

『五十巻抄』ともいう。心覚 (1117~80) が保元1 (56) 年高野山に登ってから治承4 (80) 年に没するまでの間に編纂した図像集。 57巻。恵什の『図像抄』や師である兼意の『成蓮抄』をはじめ,東台両密諸流の図像を広範に収集し,唐本図像など異色の図像も多数収録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

別尊雑記【べっそんざっき】

真言宗の僧心覚(しんかく)が編集した密教図像集。57巻。平安末期〜鎌倉初期に成立。東密諸尊を尊別に分類し梵号(ぼんごう),密号,種子(しゅじ),三昧耶形(さんまやぎょう)等を詳述し,曼荼羅(まんだら)図を加えたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

べっそんざっき【別尊雑記】

仏種房心覚(1117‐80)撰の図像抄。心覚ははじめ天台の三井寺に入り,ついで真言の醍醐寺賢覚,実運らに小野流をうけ,のち高野山成就院で,仁和寺より来院した兼意から広沢流をうけるなど,広い学識を有した。したがって《別尊雑記》は成就院覚助(仁和寺広沢流)の《別行鈔》,勝定房恵什(仁和寺)の《図像抄》,勝俱胝院実運(醍醐寺)の《玄秘抄》,成蓮房実運(高野山北谷成蓮院)の《成蓮鈔》などの諸鈔をもとに選述されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

別尊雑記の関連キーワード図像抄心覚え仏種樵のわけ前1117せんひゃくじゅうなな金剛仏子印玄心覚観音院(図像)図像集《胎蔵図像》仏種姓経

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone