コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利尻町 りしり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利尻〔町〕
りしり

北海道北西部,利尻島の西部を占める町。 1956年沓形 (くつがた) 町と仙法志 (せんほうし) 村が合体して発足。地名はアイヌ語リシリ (高い島の意) に由来。江戸時代よりニシン漁で繁栄した。ホッケ,スケトウダラ,タコ,コンブなどの漁獲が多い。中心集落は沓形。利尻礼文サロベツ国立公園に属する。面積 76.51km2。人口 2303(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

利尻町の関連キーワード北海道利尻郡利尻町仙法志北海道利尻郡利尻町沓形宗谷総合振興局利尻富士[町]利尻町立博物館利尻富士(町)北海道利尻郡利尻町の要覧千葉 日出城利尻富士町利尻(町)沓形港東利尻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利尻町の関連情報