利府町(読み)りふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利府〔町〕
りふ

宮城県中部,松島湾に面する町。日本三景の一つ松島の一角をなす。 1967年町制。丘陵地が広くナシ園が発達。中心地区の利府は留守氏一族の城下町石巻街道宿駅。町域西端は県民の森となっており,サクラの名所として知られる史跡岩切城跡 (高森城跡) が仙台市にまたがって広がる。仙台市,塩竈市への通勤者が多い。 JR東北本線利府線で仙台市と結ばれる。面積 44.89km2。人口 3万5835(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利府町の関連情報