コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守氏 るすうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留守氏
るすうじ

国衙在庁官人の子孫にこの姓を名のる者が多く,全国各地にみられた。特に奥州伊沢氏が鎌倉幕府の陸奥留守職に補任されて以後留守氏を名のり繁栄した。のちに伊達氏の家臣となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

留守氏【るすうじ】

中世の陸奥国の武士。1190年伊沢家景(いざわいえかげ)が陸奥国留守職(るすしき)に任命され,以後留守職を代々世襲し,留守氏を称した。留守職とは,陸奥国府多賀(たが)城(現宮城県多賀城市)の留守所(るすどころ)にあって国務を行うことをいう。
→関連項目伊沢家景陸奥国留守職

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

るすうじ【留守氏】

中世の陸奥国宮城郡の領主。初代は伊沢左近将監家景。藤原通兼の子孫という。もと在京して大納言葉室光頼に仕え,文筆に携わるものであったが,北条時政推挙で鎌倉殿の御家人となり,奥州藤原氏滅亡後の1190年(建久1)陸奥国留守職に抜擢された。以後代々留守職を世襲し,留守氏と称する。留守職とは,陸奥国府多賀城にあって,在庁官人を指揮して国務を行うものである。その所領は国衙周辺の広大な高用名(こういうみよう)の中にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留守氏
るすうじ

陸奥(むつ)国の名族。初代伊沢家景(いざわいえかげ)は公家(くげ)に仕える侍であったが、北条時政(ときまさ)にみいだされて源頼朝(よりとも)の家臣となり、平泉(ひらいずみ)藤原氏討伐後の1190年(建久1)陸奥国留守職(しき)に任命され、多賀国府(たがこくふ)に入部した。家景の子孫は代々この職につき、留守姓を名のることになった。留守氏の所領は国府近辺にあって広大な領域を占める高用名(こうゆうみょう)の地頭(じとう)職であった。南北朝・室町期の留守氏は、かつてのような政治的地位を失ったが、有力な国人(こくじん)領主としての地位を維持した。しかし、15世紀初頭から伊達(だて)氏の影響力が強まり、留守氏はしだいに独立性を失って、やがて伊達氏の傘下に入ることとなった。江戸時代には転封によって本拠地を離れ、水沢(岩手県奥州(おうしゅう)市)の領主となった。[入間田宣夫]
『『水沢市史2』(1976・同書刊行会) ▽大石直正・入間田宣夫編『解説中世留守家文書』(1979・水沢市教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の留守氏の言及

【伊沢家景】より

…文筆にすぐれ,1190年(建久1)奥州藤原氏の遺臣大河兼任の反乱鎮圧の後,陸奥国留守職に補任され,国衙在庁の長官として,国衙機構を支配するとともに,国内の勧農もおこない,御家人奉行であった葛西清重とともに奥州総奉行とよばれた。伊沢氏はのち留守氏を称した。【小田 雄三】。…

※「留守氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

留守氏の関連キーワード利府(町)利府[町]仙台(市)観応の擾乱水沢[市]岩切城跡伊達持宗後藤新平留守政景足利直義箕作省吾岩切城利府城利府町奥州市水沢知行