コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛西用水 かさいようすい

4件 の用語解説(葛西用水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛西用水
かさいようすい

別名幸手 (さって) 用水。埼玉県の東部平野を灌漑する大用水。その末端は東京都足立区に達し,荒川放水路に注ぐ。万治3 (1660) 年郡代伊奈半左衛門忠克が開設。羽生市川俣で利根川から取水していたが,現在は利根大堰で取水し,埼玉用水から羽生市川俣で分水,鷲宮,杉戸,春日部,松伏,越谷,三郷,草加を通り,その間の灌漑水田は 8000haをこえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

葛西用水【かさいようすい】

幸手(さって)用水とも。埼玉県北部の本川俣(かわまた)(羽生(はにゅう)市)で利根川の水を取り入れ,県の東部〜東京都足立区を貫流し,葛飾区で荒川放水路に注ぐ一大農業用水路

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさいようすい【葛西用水】

埼玉県東部から東京都まで延びる一大農業用水路。1660年(万治3)幕府の代官伊奈半左衛門忠克が開削。埼玉県羽生市本川俣で利根川から取水,会ノ川を合わせた後,川口で古利根川に入る。越谷市前波付近で古利根川と分かれて,南西へ約3km流れた後,元荒川に入り,その河床をせき止めて瓦曾根溜井とした後,一部の水はそのまま元荒川を流れて古利根川へ合流する。残りの水は南流して草加・八潮両市の一部の水田を灌漑する。【籠瀬 良明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛西用水
かさいようすい

埼玉県北東部から東部、ついで東京都足立(あだち)区を流れ、葛飾(かつしか)区で荒川に注ぐ農業水路。利根(とね)川からの取り入れ口は羽生(はにゅう)市(埼玉県)の本川俣(ほんかわまた)付近であったが、1968年(昭和43)利根大堰(おおぜき)の完成に伴い、羽生領用水、古(ふる)利根用水などとともに埼玉用水として統合され、分配され灌漑(かんがい)に利用されている。1660年(万治3)関東郡代伊奈忠克(いなただかつ)が開削したもので、一部は古利根川、元荒川、中川などの自然河川を利用している。用水は堰によって琵琶(びわ)(幸手(さって)市)、松伏(まつぶし)(松伏町)、瓦曽根(かわらそね)(越谷(こしがや)市)の3か所に溜井(ためい)をつくって貯水し、灌漑するものである。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛西用水の関連情報